酵素玄米を美味しく炊ける炊飯器のご紹介

「酵素玄米ごはん」とは、医食同源・断食玄米菜食を患者さんに指導されていた 医師の長岡勝弥先生が開発した「長岡式酵素玄米」をベースに、玄米に小豆と少量の塩を加え、 圧力をかけて炊き上げた後に熟成させ、消化吸収のよい状態になったものを言い、その熟成の過程において酵素の力が働いていると考えられていることから、広く「酵素玄米ごはん」と呼ばれています。

食べることで病気を癒し、健康促進するという長岡式酵素玄米には、厳密な作法や炊き方があります。

例えば玄米を水に浸す時には「8分間右回りにかき混 ぜる」や、炊くタイミングごとにガスの火加減を調整し、 厳密に時間を守り、炊き上がった後は3日間撹拌した上で食べることができるなど、忙しい人にとってはハー ドルの高い決まりごとがあります。 ただ、それぞれの作法には意味があり、それ無しでは長岡式酵素玄米とは言えません。

健康にいいとは分かりつつも、米を炊くのにそんな時間かけるとかかなり面倒くさいですよね。でも、酵素玄米を美味しく簡単に炊く炊飯器があるんです。

それはこのサイト(酵素玄米Pro2)でも紹介されている酵素玄米Pro2です。量を間違えず玄米や小豆をセットしてスイッチをワンタッチするだけで体に良くて美味しい酵素玄米が炊き上がるんです。

しかも、炊飯後の保温塾生システムも搭載されており、保温されたご飯の美味しさが長持ちするよう、最適な温度や湿度が常に自動調整されるようプログラミングされているんです。

それにより、保温時に起こるベタつきやパサつきがなく、1週間くらいは食べれるんです!作り置きも出来て便利ですよね。

酵素玄米を美味しく食べるなら、美味しく簡単に炊ける炊飯器「酵素玄米Pro2」で炊くことをおすすめします!